ピンクのチューリップ

ヒプノセラピー(前世療法・年齢退行療法)

ピンクの花

ヒプノセラピーとは

前世療法、年齢退行療法のほか、分身療法、悲嘆療法、未来世療法などの総称です。

ヒプノというのは「眠り」という意味があり、ヒプノセラピーは別名、催眠療法ともいいます。

催眠状態になるということは、深い眠りに落ちる寸前の何も考えられない気持ちの良い感覚に似ていますので、何も怖いことなどありません。

そして、この気持ちの良い、雑念のない無に近い意識を潜在意識といいます。


潜在意識の状態になると理性はお休みし、本能的な感覚になるので本音しか出てきません。

これは、マイナスな記憶に対しプラスに働きかけやすい状態といえます。

マイナスな記憶を思い出した時に起る体の拒否反応や、感情自体に変化を起すのがヒプノセラピーです。

前世療法、年齢退行療法以外でも、ヒプノセラピーのやり方はどのようなご案件にも対応出来ますので、お悩みご相談下さい。


白いバラの造花

前世療法

潜在意識状態になり、前世までさかのぼるようセラピストが誘導し、

その場面を「見る、感覚的に感じ取る、何かが聞こえくる気がする」 など、五感を使って体験していただきます。

その前世が本物かたしかに証明はできず、専門家たちにより様々な見解がありますが、

自分自身が前世を確認することにより、感情に深い癒しがもたらされるのは確かです。



前世での生き方、やり残したものを知ることによって、現在目指している道をどうして選んだのか理解でき、

前世という壮大な視点から現在の人生を振り返ると、その意味深さにハッとさせられ、生きていることが素晴らしく思えた。

こんな体感をしたクライアントさんも多いです。



私の見解としては、これはスピリチュアルな手法などではないと感じています。

潜在意識の状態になると押し込めてきた感情が浮上しやすくなり、それが前世の物語のイメージとして映し出され

そのイメージが自分自身へ気付かなかった答えをもたらします。

気付きが起こると、脳の安定化が高まり感情が変化するので、やはりこれは自己を改善していくための心理療法なのだと思います。

感情を感じ切り、それを自分がしっかり受け止め思いを口に出すこと。

この一連の流れをセラピストに受け止めてもらうことで、マインドに変化が起きます。


赤いバラの水滴

年齢退行療法

幼少期のころの家庭環境や学校などで体験した記憶が、大人になっても苦しめてきます。

特に、両親との間で出来てしまったマイナスな記憶の影響力は大きいです。

親から干渉され過ぎていた。ひどい言葉を浴びせられた。いつも寂しかった。

このような思いが、大人になって恋人が出来た時、夫婦になった時、赤ちゃんが生まれた時、自分が老いて動けなくなった時。

こうしたタイミングで、マイナスな記憶の影響が出てきてしまうものです。



例えば

・親からやってもらえなかったことを恋人からやってもらおうとして、もっと、もっと、と相手から搾取ばかりで関係が重いものになる。

・子供が出来ると、気付けばやりたくなかったはずの親と同じやり方で子育てをしていて、思わず子供にひどい言葉が出てしまう、など。

幼少期に出来た心の傷のせいで、物事を上手くいかなくさせているパターンが多いです。

心の傷を改善していけば、恋人とも健全な関係を築け、親として自分が子供に良い影響を与えることが出来るようになります。

苦しかった人生の物語を変化させていくことが可能なのです。

サロン案内

女性専用サロン Bright Moon

東京都豊島区池袋  ルミネ・東京芸術劇場方面(西口・南)出口より徒歩1、2分

  • 営業時間: 一日一枠 14時開始のみ
  • 定休日:不定休
  • フォーム: ご予約・お問い合わせはこちら
  • TEL:090-9298-0003 非通知には対応しておりません。
  • セールスのメール、お電話、一切お断りしております。ご遠慮ください。
Copyright (C) Bright Moon All Rights Reserved.